北海道 美瑛・富良野 四季の思い出 秋

このページの表示には、少し時間がかかります。
小さい写真をクリックすると、大きな写真を表示します。



1.斜光
1995.10.11--北海道美瑛町瑠辺蘂
畑に盛り上げられている草の山は、地元でニオと呼ばれている、刈り取った豆を積み上げて干しているものだ。
朝の光にニオが抗って、長い影ができた。

<-- click photo(31K)
2.朝の光
1995.9.24--北海道美瑛町新栄
やさしい朝の光が、コスモスとニオを包み込む。

<-- click photo(42K)
3.哲学の木
1995.10.12--北海道美瑛町
この木は、まるで首を傾けて考えこんでいるように見えることから、哲学の木と呼ばれている。手前の畑の鮮烈な緑は秋蒔き小麦だ。

<-- click photo(65K)
4.秋のシルエット
1995.10.11--北海道美瑛町新栄
四季の中でも、秋の夕焼けは特に美しい。
ニオは三角帽子を被っているので、干されている豆が夜露に濡れることはない。

<-- click photo(8K)



北海道 美瑛・富良野 四季の思い出 |秋 |

[<<--この写真館の総合案内へ戻る]
Kazuto Nakanishi  Mail:GBC01032@niftyserve.or.jp